2017年12月11日月曜日

2017全日本CX選手権レースレポート


















©FABtoroni+camera


期日:2017年12月日 会場:長野県野辺山滝沢牧場
天候:晴れ 気温3度 コース状況:セミウエット
機材
メインコンポーネント:SHIMANO/デュラエースDi2  
ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros
サングラス:OAKLEY /JAWBREAKER
結果:9位


 2週間ぶりの野辺山、前回が予行練習かのように段取りもよく進み、2日前からテント設営でローラーでコンディショニング。

コースチェックをして、レースに集中して行く。新設のキャニオンが設けられて、何度もトライ。一発行けるだけではなく、疲労度が増した事と泥により加速ラインと着地の安定を想定する。チームメイトの山内とのシュミレーション練習でより良いラインを探ることが出来た。
その時の動画はコチラ
雪が舞い降る積もる。コース状況も把握しながら前日も再び試走を繰り返した。GRMメンバーも追加されて、トレーンを組み流れを見てゆく。ただし、2週間前に開催されたラインを何度もなぞりそうになることだけが、最大の課題だった。

そして、シクロクロスには欠かすことの出来ないピットサポート。今回もSNELLチームと連携を取りつつ、サポートに入っていただけることはありがたい。テントブースは、2週間ぶりの顔合わせとなり、賑やかさと寒さで震えること無く快適にスタンバイ出来るのもチームの強み。

当日は朝の試走と昼の試走の2度もコースをチェックして、凍結度合いをチェックする。タイヤ選択もフロントはエッジ、後輪は加速のグリップ感が欲しかったのでシラクをチョイスした。



 ©FABtoroni+camera

©FABtoroni+camera


©FABtoroni+camera

3列目から一気に加速してゆくがそう簡単に進むことは出来ない。内側のターンからすり抜けて、直線で一気に順位を上げた。キャニオンも上手く重ならずにスムーズにクリアして、ピットまでを前回の大会よりも速いスピードで抜けてゆく。既に乾いてきているので試走時よりもスムーズだった。
©FABtoroni+camera

©FABtoroni+camera

中盤戦で周回数が決定されて、アナウンスの9周と聞こえた。毎回実力が重なる、小坂選手とは10秒差。兼子選手とは抜きつ抜かれつで順位を11位まであげ、まだまだペースはあげられた。このフレームの良さは重いギアで踏めば踏むほど進んでくれる。速い速度ほど踏み続けて、武器を引き出さなくてはタイムアップもつながらない。スペアでスタンバイしているバイクも出番を待っているだけに、そのタイミングを考えて周回を重ねた。




©FABtoroni+camera

以前続いたデットヒートはそのまま順位を上げながらも小坂選手を追いかける形で金子選手と接戦を繰り返す。シケインでは呼吸を整えるように抜かせ、再び抜き返す。


©FABtoroni+camera

ラスト3周。ここが鍵となり、気温がぐっと低くなり体を冷却し体力を奪われる。例年このタイミングでペースを下げてしまっていたが、クロスワンピーのお陰でパフォーマンスは低下しない。これが今シーズンの僕の武器だった。

©FABtoroni+camera

凍結と反面に濡れた路面は耕されてスリップダウン。この写真にあるように、前輪が取られてしまい、スペアバイクに前輪をシラクを付けているのでバイク交換が頭によぎるが、ラインさえ選べばいいだけ。その冷静さを失い、ここでタイムをぐっと落としていた。
©FABtoroni+camera

後ろから迫るパックストレーンを何とか抑えるが、宮津選手に追いつかれてしまう。集中力も低下してきているだけに何とかキープしたい。クロスオーバー手前で追いつかれ追い抜かれる。再びコーナーリングで抜き返し、スタートエリアで抜かれる。最後のコーナーの立ち上がりの踏み出しのタイミングを見計らい、何とかゴールで巻き返すことが出来た。


沢山の応援、サポート、ありがとうございました。
チームスコット 松本駿

2017年12月10日日曜日

全日本選手権終了

©︎Nori Sawa
全日本選手権、野辺山が終了しました!中盤はいい感じで走れて、ラスト3周が勝負でしたが、キレが無くてバイク交換しなかったことが、タイム短縮に繋げられませんでした。




それでも、9位でゴール出来ました、自己最高位を更新しました。

沢山の応援とサポートありがとうございます!

2017年12月9日土曜日

全日本前日

再び野辺山へと行き、GRMメンバーでトレーン試走。受付とミーティングを終えました。
色々忙しくなって来ましたが、優先順位を決めてシッカリと走りたいと思います。
凍結路面に対して、スタートの線引きの為にバーナーで解凍していました。スタッフの皆さんも頑張ってくれてました!

2017年12月8日金曜日

いよいよ全日本選手権

今週末は全日本選手権参加の為に、2週間ぶりの野辺山へ行って来ました!
さて、設営!
と、言う事で、テントを出して舞出した雪…。
会場を後にする頃には、きっちりと雪でした。
明日もここに、基本居ますのでお声かけて下さいね!

2017年12月6日水曜日

ウィンターグローブ

信州では既に手足が冷たくなって来ました。僕は既に足の指が凍傷になりました。

そんな事で、手を守るグローブがスコットジャパン様より届きました。専用グローブなだけに、風を防ぐ、手首は汗を掻きやすいので薄い、指先はスリップ防止、反射材と付いています。
汗っかきな僕のチョイスは通称Lサイズですが、もう一つ大きいXLにしています。動きは多少損なわれますが、暖かさ優先で夏場のグローブも重ねたりして、洗濯を内側のみしたり、清潔さキープしています。

スコットグローブ、オススメですよ。

ダイレクトストア

2017年12月5日火曜日

エルゴングリップ

エルゴノミックグリップが新発売されます。今使用のGE1、エンデューログリップと同じ柔らかさでフィンの部分は柔らかくなっています。
オマケにロックオンタイプなのと、角度のメモリで左右対象にセットし易いです。
これは裏です。
その他、レッドとベリー(赤紫)が販売されます。是非チェックして下さいね。

2017年12月4日月曜日

IRCカップ(東海クロス)レースレポート




©Toshiharu Aoki

©TAMO

期日:2017年12月3日 会場:愛知県新城市ほうらいふれあいパーク
天候:晴れ 気温 15度 コース状況:ドライ
機材
メインコンポーネント:SHIMANO/Di2  
ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros
サングラス:OAKLEY /JAWBREAKER
結果:2位

昨年に引き続き、IRCカップ冠スポンサーである東海クロスへと参戦してきました。天候も良くて発売間近のシラクCXエッジのテストも兼ねての参戦。全日本前の最後の調整レースとしてもちょうど良かった。サイン会や東海勢の顔合わせや挨拶を踏まえながら、スタートまでの時間を進める。先週との気温差は実に20度。風は時折吹き刺すが、試走で感じた限りではいつものクロススーツでは暑く、脱水症状もあり得るためにマウンテンバイクでのレースと同じウエアーで準備した。








©Toshiharu Aoki

 東海ランキングという事でスタート位置は最後尾。それでも、3列目だったので招待選手の中根、雨乞選手が前列と言うハンデ。オマケに小森選手は隣にいたのにもかかわらず、すぐに先頭へと行ってしまい、スタートから半周までに先頭に出ることが出来なくて、ブロックされた形でレースは始まった。
©Toshiharu Aoki

第2集団の4人パックで中盤は進み、周回はラスト9周!チームメイトの山内と連携を計りつつ先行した2名を追いかけたいところだった。ローテーションのリズム、連続コーナーの曲がり具合と立ち上がり。直線の踏み度合いやスピード域も選手それゾレで違う。しかし、得意な分野で先頭を引き、積極的にスピードを上げれば先頭との差は詰め寄れる。


©Toshiharu Aoki

終始仕掛けるタイミングを見計らいながらもアタックするが、決まらなかった。コーナーリングの最中に少しの隙間に押し出して抜いてみたり、集団ながらの担ぎのタイミングを変えてみたりと集団のポジションごとに走り方は異なる。ニュータイヤで直線での漕ぎ出しは軽く、グラウンドの微妙に滑るコンディションはエッジのサイドブロックがマイルドなグリップ感を生み出して、他の選手とは明らかなアドバンテージを感じた。

©TAMO

少し冷静さと集団の全員のリズムを見るために一度下がる。余力を見越しながらもラスト5周!どうにか振り切るタイミングを伺った。トップとのタイム差は20秒から15秒。コースの半分から切り替わるグラウンドの繋ぎである階段手前で短い直線との違いだけだった。立ち上がりのギアを控えめに、ライン取りと浮き砂利でスリップダウンしないようペースを上げた。

©Toshiharu Aoki


©TAMO
チームで連携が成功し、スピードを上げる。時折間に選手が入るが、3人目から先頭に入り込むなどして集団のスピードを上げた。
©TAMO
アタックも決まり、先頭のペースが下がってゆくことも確認でき、一気に追い上げが加速した。コーナーリングも更に安定感を増し、最小径でコーナーをクリアして10秒まで詰め寄ってレースは終了。3番目の2位でゴール。来週への弾みを付けたい。



沢山の応援、サポート、ありがとうございました。
チームスコット 松本駿

大会関連サイト:http://gcf-fukyu.p2.weblife.me/cx/index.html
大会リザルト:


SCOTT BIKES http://scott-japan.jp
Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN